9月13日の創造の時間は、国立吉備青少年自然の家から先生をお迎えしてクライミングアートの指導をしていただきました。
クライミングアートとは、クライミングしている写真を収め、その時の写真をもとにして面白い背景を描きます。
事前にボルタリングに登っている写真を用意しておき、その写真から何をしているように見えるかアイデアを出し合い、絵を描きました。
実際に自分の写真を絵に取り入れるので、自分が山を掴んでいる絵やこびとになっている絵などユニークな絵が描けました。
完成した作品は、クライミングアートコンクールに出品する予定です。お楽しみに・・。