1月9日(土)、お餅つきをしました。

子ども達は登校すると「お餅つき、お餅つき!」と、張り切っていました。

 


もち米をたくさん炊きました。
さあ、お餅をつきますよ!
おっとっと…、杵が重いっ。

炊きたてのもち米を石臼に移して、順番に一人ずつお餅をつきましたが、

杵が重くて子ども達は苦戦していました。

それでも一振りごとに、みんなで手拍子しながら「よいしょ!よいしょ!」と

掛け声をかけてお餅をつきました。


みんなで順番にお餅をつきました。
みんなで手拍子して掛け声をかけました。
たくさんできたね、お土産もあるよ。
きれいな形のお餅を選んで、鏡餅を作りました。

つきたてのお餅は早速、きな粉や砂糖醤油をつけていただきました。

子ども達は「柔らかーい」、「砂糖醤油が美味しい、これ好き!」、

「口のまわりが、きな粉だらけになっちゃったー」と、

楽しそうにおしゃべりしながら、あっという間に食べてしまい、

「おかわり欲しいなー!」という声があちこちから聞こえてきました。

担任の先生方も「もう食べちゃったの!?」と、びっくりしていました。

おかわりのお餅は自分達で丸めたので、暖かくてやわらかいお餅の感触も

楽しんでいました。そして、お土産のお餅を選んでお餅つきを終えました。

 


つきたては柔らかーい。おいしい!
おかわりのお餅は、自分たちで丸めました。上手く丸められたかな?
お土産のお餅を選びました。よーく見比べて…どれが大きいかな?