10月25日、1年生はドイツの森、2年生は岡山県倉敷スポーツ公園(マスカットスタジアム)に遠足に行きました。少し肌寒くはありましたが、天候に恵まれ、予定通りの活動を行うことができました。

1年生は岡山県農業公園「ドイツの森クローネンベルク」にいきました。1時間以上バスに乗るのは初めてでしたが、リップスクム先生が用意したハロウィンにまつわるビデオを見ながら、楽しく向かうことができました。入園するとすぐに、「チューチュートレイン」に乗ってドイツの森をぐるっと見て回り、その後に「芝すべり」と「動物ふれあい広場」でウサギやミニブタと触れ合い体験をしました。素早く走り回るウサギや、おとなしいウサギなど、ウサギにもいろんな性質があることを知りました。遊んだ後は「バターづくり体験」とお弁当の時間です。生クリームが入った瓶を何度も振ってできたバターを焼き立てパンにつけて食べました。お腹がいっぱいになったら、遊びの時間です。芝生広場ではどんぐりや松ぼっくりなど、小さな秋を見つけることができました。「自転車ランド」の変形自転車は乗るのが難しい不思議な形状の自転車もありましたが、友達と譲り合って仲良く楽しむことができました。たくさんの体験ができた遠足になりました。


2年生は岡山県倉敷スポーツ公園(マスカットスタジアム)に行きました。今回は初めての電車移動です。小学校最寄りの西川原就実駅から中庄駅まで電車に乗りました。公共の場所や乗り物の利用の仕方やマナーを学ぶことができました。マスカットスタジアムに着くと、そこで働く方のお話を聞いたり、施設の見学をしたりしました。遠足に向けて、2年生は生活科の授業でマスカットスタジアムについて調べ、施設の方に聞いてみたい質問を考えていましたが、それをさらに深めることができました。皆で一緒にお弁当を食べたり、わんぱく広場で遊んだり、学びと遊びの楽しい一日になりました。