七輪体験 3年生

 1月21日(火)に、七輪を使ってお餅を焼きました。七輪は、社会科で「昔の道具」として学習しました。
 まずは、グループに分かれて、火起こしを行いました。新聞紙や松葉を使っての火起こしはとても難しく、木炭に燃え移らせるのに苦労しているグループもありました。何回もチャレンジしてようやく火がついた時は、とても嬉しそうな表情をしていました。
 その後、網を乗せてお餅を焼きました。
 今の道具を使えば簡単にお餅を焼くことができますが、今回の体験で、昔の人はとても時間がかかって苦労していたことが分かりました。みんなで協力して、時間をかけて焼いたお餅は、いつもよりも美味しく感じたようでした。