11月10日(火)岡山県生涯学習センター内の「人と科学の未来館サイピア」へ行き、科学実験の

体験をしました。

今回のテーマは「ドライアイスとシャボン玉」。

ドライアイスを利用して風船をふくらませたり、空中に雲を作ったり(くもさかじいさん)、

バラの花を凍らせたりする実験を目の前で見学しました。

実際に子ども達も、ドライアイスでホッケーをしたり、

フィルムケースにドライアイスを入れてふた飛ばしをしたり、

おおはしゃぎで実験を楽しみました。

また、二酸化炭素は重いという性質を利用してロウソクの火を上から消す実験では、

その理由を考えることで科学について興味を深めていました。

最後はみんなで外にでて、手をつないで円を作り、その中でペットボトルロケットを飛ばしました。

中のドライアイスが噴射して空高くロケットが飛んだ時は、大歓声がおこりました。

 


バラの花を凍らす実験。
勢いよく気体が吹き出します。
不思議…。どうしてそうなるの?!

科学実験の見学が終了した後、屋外の「太陽の丘」で遊びました。

子ども達は遊具で遊んだり、おままごとをしたりイチョウの落ち葉を集めてブーケを作ったりしていました。


落ち葉をたくさん集めて…何を作るのかな?
落ち葉のブーケ、上手にできたね。
男子が集まって、何のお料理しているのかな?