11月16日(月)、“岡山フィルハーモニック管弦楽団ザ・ビート”の方々を招いて

“わくわくパーカッション”を行いました。

“アメリカンパトロール”や“シンコペイテッド・クロック”などのリズミカルで楽しい曲や、

子ども達が大好きな“夢をかなえてドラえもん”などの曲が演奏され、

招待した就実こども園の園児達と一緒に楽しそうに聴き入っていました。

そしてもう一つ、子ども達が楽しみにしていたのはそれぞれ手作りした打楽器で、

岡山フィルハーモニック管弦楽団の方々と一緒に演奏することでした。

子ども達は自慢の楽器をお互いに披露しながら、楽しそうに音を出していました。

中には張り切って大作(ミニドラムセット?)を作ったので、膝の上では収まりきらず

床に座って演奏している児童もいました。

 


“岡山フィルハーモニック管弦楽団ザ・ビート”の楽しい演奏を聴きました。
さあ、自慢の手作り楽器で共演!いい音が出たかな?
大作の児童は椅子から降りて床で熱演!

就実こども園の園児達も楽しそうに演奏を聴いていました。

 

後半は、ボディーパーカッションにも挑戦しました。グループごとに分かれて、

手、膝、足などで違うリズムを練習して、最後にみんなで一緒に合わせました。

少し難しいリズムもありましたが短時間の練習にもかかわらず、

上手に合わすことができたので、子ども達は「みんなで合わせるとこんなリズムになるんだー!」と

感心していました。

 


ボディーパーカッションに挑戦。
パートに分かれてリズムを確認、「そうそう、上手!」
さあ、みんなで合わせてリズムをとります。しっかり自分のリズムを打ってね!

 

最後に代表の児童が、団員の方々に花束を渡しお礼の言葉を述べました。

一緒に演奏やボディーパーカッションをしたのですっかり団員の方々と仲良しになって、

ハイタッチをしたり言葉を交わしたりしてお別れをしました。