2019年度就実小学校 学校経営方針

グローバル社会の担い手として、未来をつくる就実の子を育みます。


就実小学校独自の三層教育システム

質の高い教育カリキュラム

本ものにふれる教育
就実森林研修センターや美術館・科学館などで本ものの自然や芸術にふれ、豊かな心を育みます。

国語教育の充実
深い学びには国語教育が欠かせません。理数系の発展学習や英語教育を効果的に行うためにも、論理的思考力を伸ばす授業を展開しています。

学園との連携
大学の先生による「わくわく科学教室」や、こども園・中学校・高等学校との交流活動などを行っています。

生きる力を培う
就実タイム

詩の朗読・英語多読
朝は詩の朗読・暗唱に取り組みます。昼はイマージョン教育担当の先生と、英語の多読を行います。

個性を伸ばす
アフタースクール

学習
集中して学習に取り組む時間を設定しています。教職員が子どもたち一人ひとりの自主性を尊重しつつ、サポートしています。

グローアップタイム(各種習い事)
一人ひとりの興味関心に応じて、ピアノ、サッカー、そろばん、アートなどのレッスンに参加できます。指導力に定評のある団体と連携し、個性を伸ばします。
詳しい
アフタースクールの
様子はこちら